商工会は、地域に密着した唯一の総合経済団体です。

労務保険について

労災保険と雇用保険を総称したものです。労働者を一人でも使用する事業主は業種のいかんを問わず、すべて労働保険に加入しなければなりません。

武豊町商工会では労災保険および雇用保険の事務代行をしております。
武豊町商工会へ事務を委託することにより、本来は加入することができない事業主や家族従事者も特別に加入することができます。

【かけていますか?労働保険】
・労災保険 労働者が業務上の事由又は通勤によって負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは不幸にも死亡された場合に、被災労働者や遺族を保護するため必要な保険給付を行うものです。
・雇用保険
(失業保険)
労働者が失業した場合や労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、再就職を促進するため必要な給付を行うものです。

事務委託できる事業主は
中小企業基本法の中小企業事業主は、優先的に委託できます。例えば、常時使用する労働者数が

金融、保険、不動産、小売業では   50人以下
卸売、サービス業では   100人以下
その他の事業では   300人以下

であれば委託できます。

事務組合に委託した場合のメリット

  • 事業主や家族従事者なども労災保険に加入することができます。
  • 労働保険の申告、納付等の事務を事業主に代わって処理しますので事務処理の負担が軽減されます。
  • 労働保険料の額にかかわりなく3回に分割納付できます。
     (事務組合に委託していない場合は一定額を超えないと分割納付できません)

<<各種制度のページへ戻る

会員企業リンク入会のご案内
ページのトップへ